スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと終わった。 

 今月末発売予定の新作のシナリオが。
 マスターアップの予定は7日だったのに、シナリオアップが10日になってしまいました。あれ? どこかで計算が間違ってるか?

 ということで、マスターアップが間に合いません。
 仕方ないので印刷所や工場にはぎりぎりまで待ってもらいました。そして、プレス工場にはバルク仕様で仕上げてもらうことにしました。これはどういうことかというと、今まではマスターデータをプレス工場まで送れば、後は完成品が送られてくるのを待つだけという非常に楽な状態でした。送られてきた完成品をショップや通販を利用していただいた皆様に送る梱包作業をすればよいだけでしたから。

 が、しかし。今回は、バルク仕様なのでディスクはそのまま工場から直送されてきます。パッケージや表紙もそれぞれ別途購入し、我々が手作業で一つずつ商品を作っていくわけです。いやー、アナログだ。なんか手作り間がひしひしと伝わってくるソフトに仕上がっていると思いますが、今回はこの方法を取らなければ商品が完成しませんので、どうか許してくださいまし。
 ただし、その代わりといっては何ですが、ソフトの中がちょっと豪華。今までナナコロのゲームを手に取った方はわかると思うのですが、パッケージを開けると中にはディスクが一枚入っているだけというちょっと寂しい内容でした。

 でも! 今回は、ちょっと違いますよ~。まだはっきりとはいえませんが、ちょっと何か封入物を入れようと思っております。まあ、数種類のペーパーになるとは思いますが、この辺は手作業ゆえの醍醐味といえますね。何が入っているかは、届いてからのお楽しみです。

 そして『学恋 ~愛と呪いとヴァレンタイン』と『アパシー サウンドコレクション蔵出し』のジャケットは両面カラー印刷で、クリアパッケージ仕様となりますので、大変綺麗でございます。なんか手に取ると高級感が。裏面にも、皆様に喜んでもらえるような仕掛けを施そうとスタッフ一同、デバッグしながら考えております。
 なんか、これはこれで良い感じがしてきましたので、皆様の評判がよければこれからはアナログながらも内容物に凝ったものにしようかな、と。

『学恋 ~愛と呪いとヴァレンタイン』も『アパシー 流行り神』も、一通りゲームは完成し、現在はデバッグの真っ最中です。本来は公式サイトでもっと情報を公開しなければならないのですが、とてもそんな時間がないため、更新はマスターアップ後になってしまいそう。重ね重ね、すいません。
 ちなみに『学恋 ~愛と呪いとヴァレンタイン』では、ついにあの花子さんや内山浩太君が攻略できるのですが、それはまだ秘密の情報らしいです。
『アパシー 流行り神』でも風海と綾小路が接近遭遇とか、小暮と細田の秘密の関係とか、霧崎とあの人物が旧知の仲だったとか色々あるんですけれど、どうやらそれもまだ秘密。

 さあ、デバッグしながら『殺人クラブ リベンジ』の原稿を仕上げないと。
 ではでは~♪ 今回の担当は飯島多紀哉でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://78staff.blog117.fc2.com/tb.php/95-abe8c39f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。