スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

げに素晴らしきはコンビニグルメ ・その2 

自動ドアに認識されない女、カサゴです、こんにちは。

「アパシー鳴神学園都市伝説探偵局」が発売されてから早一週間が経過しました。

皆様からは、叱咤激励、批判や脅迫やら怪文書やら色々と頂きました。
皆様のお言葉をしっかりと受け止めて、今後の作品作りに活かして行きたいと思います。
貴重なご意見、本当にありがとうございました。

さて、ここで空気を読まずに、あえていつも(?)のコンビニネタでも書いてみようと思います。

カサゴは、辛いものが好きなのですが、そんな辛いもの好きの琴線に触れる商品を発見。

habanero


あの「ハバネロ」より二倍辛い「超暴君ハバネロ」が売ってました。
一緒の棚に「大魔王ジョロキア」とか言う新・世界一辛い唐辛子と銘打った菓子も売られていました。「ジョロキア」ってなんか唐辛子の名を冠するには随分カッコいい名前だなあと思いました。
で、二倍の辛さに惹かれて「超暴君ハバネロ」の方を購入。
ハバネロスナックは前から好きで、食事しないで一時期ハバネロばっかり食べててトイレの時に大変な事になったりするほどよく食べてました。

「二倍と言うくらいだから相当辛いんだろうな~」とウキウキ気分で買ったのですが、中身を開けてみたら、なんかスナックがでっかくなってました。
で、食べてみたんですが、なんというか、別に辛さ変わってないよーな……?
辛さ二倍って、大きさが二倍で辛さも二倍とかそういう意味?
正直これなら、普通のハバネロの方が好きだなあと思いました。

そう言えば、辛いものと言えば先生も辛いものが好きです。
以前、新宿にある中本と呼ばれる激辛ラーメンで有名なお店に連れて行ってもらったことがあります。
その中でも、最も辛い北極ラーメンというものをおごって頂いたのですが、正直自分は、結構辛いものが平気だと思ってたんですが、舐めてました。
なんと言うかハンパなかったです。食べてると顔中から色んな汁が出ます。とにかく顔がぐちゃぐちゃになりながら食べてました。
あの時、カサゴの正面に座っていた方ごめんなさい。多分、顔面がちょっとしたスプラッタになってたと思います。
そんなカサゴが、グロ画像ヨロシクな状態になっていた中、先生は平然と完食しておられました。

さすが、先生!

結局カサゴは、途中でギブアップしてしまったのですが、いつかまたチャレンジしてみたいです。味はとっても美味だった分、悔しいです。

ただ、辛口なだけだと思っていても、長く人から愛されているものは、辛さ以外にも、人を惹き付ける要素があるんだなあと思いました、食べ物にしても人にしても。
あ、でもトイレは覚悟した方がいいと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。