スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の追加ディスクは 

お久しぶりです、飯島です。

本当に最近は忙しく、息抜きでブログを書く暇さえないくらい。
というのも、現在三作品同時進行でシナリオを作成しているんです。

 まあ、その一本目となる「特別編 追加ディスク」は、基本となる根幹シナリオは「鬼哭の章」をベースにすべて私が加筆修正し、新たな分岐シナリオも自分で書くことにしました。
「鬼哭の章」制作当時は、目の手術中と言うこともあり、シナリオ執筆どころではなかったため、私が以前用意していたプロットをカサゴがシナリオに起こしてくれたのですが、今回の追加ディスク制作に当たり、自ら手を加えることが出来ました。
 荒井シナリオは、小説として依然書き下ろしていたものなので、根幹シナリオに大きな変更はないのですが新たに分岐を加えられるように修正し、さらに追加シナリオも入れました。
 なので、今回は約十五年ぶりに語り部たちの語る新作を七話通しで執筆したことになります。合計するとシナリオの約三分の一の分量を書かせていただきました。
 同人だからこそ可能な描写も含め、久方ぶりに新たな学怖ワールドを書けて、ちょっと嬉しかったです。

 明日、体験版を公開する予定ですが、今回公開する体験版の話も私が新たに書き起こしたシナリオの一つとなります。

 新たな魅力ある登場人物を始め、あっと驚く七人目、そしていよいよ電撃マ王で連載中の「殺人クラブ リベンジ」の登場人物たちも参戦するかも?

 まだまだ当分は忙しい日々が続きそうですが、今年は「アパシー」シリーズだけでなく、いろいろと挑戦したいと思います。
 そのためには先立つものが必要なので、たくさん売れるように頑張ります。

 それでは、また当分闇に潜りますが、「アパシー 学校であった怖い話1995特別編 追加ディスク」を、どうぞお楽しみに!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://78staff.blog117.fc2.com/tb.php/109-9a87d0cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。